免疫力

免疫力を高める

免疫力を高める

 

コロナのニュースなどを見たり、
不安を煽る情報を見たり、
引きこもり生活をしていると、

息が浅くなったり、
落ち着かなかったり、
胸がざわざわしたり、

不安で胸が押しつぶされそうになったり、

自分がうつらないようにこんなに我慢をしているのに、他の人は楽しそうに出かけて不謹慎とか、
人を責めたくなったり、

あまり出かけなくなった事で、リズムが崩れたり、緊張感がなくなってしまったり。

私もニュースはなるだけ最低限にしようとしています。

けれど、久しぶりにスーパーに行ったら、
レジ前にビニールのガード

日1日と変わっていく日常の風景。
影響を受けない人がいないんじゃないかなぁと思います。

私もです。

よく言われているのは、
無理して頑張ったり、何事もないかのように気丈にふるまうと、
時間が経って、かえって体調をくずされてり、おちこまれたりという話をよく聞きます。

今は、自分が緊張してるなぁとか
あれ、肩いつもよりガチガチ
など、こんな時だからこそ、自分のからだの声を聴く

そうなんだなぁと自覚する。

そして、ちょっと自分にケアをしてあげる。
そして身近な家族にも、ケアできたらいいなって思ってます。
(身近な人ほど、なかなかできない私ですが。。)

コロナがあっという間に収まればいいんですけれど、
個人的には、封じ込めると言う意識より、
うまく付き合って行けたらいいなぁって思ってるのです。

それには、自分の免疫力を高める。

まず1番は、

唾液をたくさん出す

口の中が乾かないようにする。

乾燥すると菌が入りやすくなります。

お水を飲むとも言われていますが、
1番大事な唾液がたくさん出ること。

つらい時や悲しい時、食事も喉を通らない。
とても緊張した場面での食事も、味がわからない

そんな時は、唾液が出ていない。

唾液は口の中をうるおすだけでなく、口の中の細菌の増殖を抑え、口臭、虫歯、歯周病など
さまざまなトラブルから私たちを守っています。

唾液力をつけるには

(あによべ体操の効果的なポイント)

参照➡
舌の位置はどこがいい?

舌位を上げる足指ワイワイ

 

呼吸

呼吸は自律神経をつかさどっています。

胸がつぶれる思い
と日本語があるように、胸がキュっと硬くなる。

胸の筋肉(大胸筋など)が硬くなると
肺が広がらない。

こんな時こそ落ち着いて、ほっとする時間や、気持ちや体を緩める時間。
自分を大切にする時間を。。

胸が開いて
呼吸が深くなると、

少しでも明るい希望が見えたり、
違う方向から考えられたり、

自分にできることを行動できたり

みんながお互いを思いやる世界への
1歩になればいいなぁと思っています。

 

友だち追加

-免疫力
-

© 2020 からだふわりヨガ 京都健康ラボ