フレイル予防 お知らせ&講座情報

夏バテは自律神経の乱れから

夏バテは自律神経の乱れから

自律神経機能は加齢とともに低下していくそうで。。

原因は、

〇日中や熱帯夜の「暑さ」

〇「寒暖差」

・室内と室外の温度差

・下半身が冷え、上半身はのぼせたような状態

〇「紫外線」

夏の強烈な「紫外線」で目の中で炎症反応が起き、交感神経が刺激される。

〇冷たい飲み物や、食べ物
徳にアイスクリーム、かき氷など甘い物(冷たいものは甘さを感じにくいので、想像以上の砂糖の量)

 

砂糖を取りすぎると

 

自律神経の乱れチェック

✅不安や、緊張

✅倦怠感

✅頭痛、肩こり

✅電車の中ですぐ寝てしまう

✅集中できない

✅夜中に何度も目が覚める

✅寝汗をよくかく

ぐっすりと熟睡感のある眠りが大切

長さではなく、深さ。
・朝すっきり目覚め
・日中に疲れを感じない

 

睡眠不足がアルツハイマー型認知症のリスクを上げる?①

 

対策

①ゆっくりと湯舟につかる

②就寝中のエアコンの使い方

扇風機の活用
・体に直接冷気をあてない
(部屋の周囲に冷気が回るように)

我が家は、寝る前にエアコンを入れて、寝具や部屋を冷やしてから、エアコンのスイッチを切ってから寝ます。

③朝の光を浴びる
・朝の散歩
・窓をあけて深呼吸
・ベランダで軽くからだを動かす

④冷たい飲み物など胃腸を冷やすものは避け、温かい飲み物(水やお茶も常温以上がおすすめ)

⑤ゆっくりとよく噛んで食べる

⑥UVカット仕様のサングラスや帽子、日傘など

⑦こまめに水分を摂って動く

⑧甘い物はほどほどに。

自律神経を整える片鼻呼吸 (ナディショーダナ)

方法

・親指で右鼻を抑え、左鼻から息を吐く。
・左鼻から息を深く吸う。
・薬指で左鼻を抑え、親指を外した右鼻から息を吐く。
・右鼻から息を深く吸う。

繰り返す。

その前に
・鼻呼吸が楽々できるように、鼻の穴を横から縦に。
・深い呼吸が楽々できるように、呼吸筋をふんわりと

友だち追加
facebook 恒川智子 instagram 恒川智子 standfm 恒川智子 youtube 恒川智子

カテゴリー

-フレイル予防, お知らせ&講座情報

© 2021 50歳からのからだふわりヨガ 京都 八幡