お知らせ&講座情報

原始反射の統合

原始反射の統合

赤ちゃんが産まれる前から
生後1年くらいで
どんどんできる動きが増えていくたびに
統合していく原始反射。

残ったまま、成長すると

生きづらい

感覚過敏
引っ込み思案
多動性
運動のぎごちなさ
捻挫癖
足裏の過敏
猫背
運動が苦手

自己肯定感が少ないなどが、
あるそうです。

私もあるあるです。
今からでも遅くない。
【統合】し直す。

 

なぜ原始反射の統合なのか?

100年くらい前は自然な育ち。

60年くらい前は、畳で、ちゃぶ台や、布団を片付けたら、ハイハイする場所があった。
しかし、歩行器など、立つ力のない時に使って、ハイハイが少なかった人も多い。

最近は、テーブル、椅子、ベッドなど、ハイハイする場所や機会が減っている。

腕のねじれがひどい人が多い。

 

原始反射の統合ってどんな事をしていくの?

 

まずは、
生まれる前の
胎児のポーズから始めていきます。

背骨がしなやかに、丸まれますか?

うつ伏せから、顔を持ち上げます。

背骨から、首がしなやかになると、

反ることが楽に、

首が自由に、

寝転べるスペースと、
床は柔らかいものをご準備ください。

クッションや抱き枕などがあれば、
さらに心地よく。

オンラインでの参加は、

毎週日曜日10時からの配信で、

習慣化していきます。

詳細は下記のオンラインヨガをご参照ください。

ご予約はこちらから

ご予約ページ

対面レッスンご希望の方

京阪橋本駅前は満席ですが、
5月、6月は2人お休みなので、
2人のみ募集中。

詳しい場所など詳細はこちらから

ご予約ページ

友だち追加
facebook 恒川智子 instagram 恒川智子 standfm 恒川智子 youtube 恒川智子

カテゴリー

-お知らせ&講座情報

© 2021 50歳からのからだふわりヨガ 京都 八幡