一生楽に続けられるスタイルアップ方法

おはようございます。さとう式リンパケア上級インストラクターのつねかわともこです。

今年の夏は暑かったですね~。京都は39度越えの日もあり、32度!涼しいやんって感じてしまいます。

さて暑い時って食欲ありますか?
最近は夏でも食欲ある~。太った💦という声もよく耳にします。
甘いもの、冷たいもの、クーラー、暑すぎて動けない、外に出たくないなどが原因でしょうか?

いろんなダイエット法がありますが、急激に体重を落とすと多くの方がリバウンドされ、かえって代謝が悪くなり、太りやすくなる傾向があります。(まれに体重をキープされている方もいらっしゃいます。)

タレントの方も『これで痩せました!』と本を出版された後で、リバウンドされている方も多いですし、長年にわたって保健師をされ、たくさんの方を見てきた明日香さんは1か月2Kgまでを勧めていらっしゃいます。

「一時的ではなく、年齢を重ねるごとに、キレイで健康で楽しめるための、土台づくり」が大切。

私も、苦しい、その時だけ我慢するダイエットではなく、一生楽に続けられる事をおすすめしています。

よく噛めていますか?


無理がなく、
本当に必要なことを、正しい方法で日常に取り入れていく。
その中で基本になるのが、よく噛む事。
地味ですが、あたりまえの事、基本の事がとっても大切。

なぜ噛めないかの原因

①歯
舌の運動機能の低下
③咀嚼(そしゃく)能力の低下
④唾液の分泌の低下
⑤口腔が狭い

舌について

舌は口の中のどこにありますか?

舌の位置は上あごの、歯に当たらない位置がいいとされています。(いろんな意見がありますが)
舌が上だと、自然に鼻呼吸にもなります。
舌が下だと、口角も下がり気味なので、不機嫌や、しんどそうに見える事も

舌を鏡で見た時に、歯の後がつき、波打っていませんか?

舌が歯についていると、歯並びにも影響があります。


猫舌ではありませんか?

猫舌の方は舌の使い方。舌の感覚が鋭い先の部分に、最初に当ててしまうため、熱い!
猫舌ではない人は、舌の敏感な部分は下顎に隠し、敏感ではない後ろの方が先なので、しばらくすれば熱さもまし。

咀嚼筋について

咀嚼筋の代表的な咬筋、側頭筋の緊張で固くなっている。

この舌の位置、咀嚼筋の緊張をゆるめて動きやすくする、唾液の分泌、口腔を広く、全部にお勧めなのが、さとう式リンパケア初級講座です。

    セルフケアでは、基本のリンパケア、あによべ体操をお勧めします。
    ワッシー先生のおすすめ動画
    基本のリンパケア動画
    あによべ体操

    さとう式リンパケア 初級講座 上級講座開催します。

    9月開催予定 日程が合わないときはご遠慮なくお知らせくださいね。

    9月14日(金) 10:00〜12:30 さとうしきリンパケア 初級講座 京都八幡  女性限定

    9月14日(金) 13:30〜17:30 さとうしきリンパケア 上級講座 京都八幡 女性限定 

     

     

     

    ラインでのお申込みや、お問合せはこちらからお願いします。

    @fuh7681g

    友だち追加

    この記事が気に入ったら
    フォローしよう

    最新情報をお届けします

    おすすめの記事