スワイショウや、腕振り運動、どこを起点にするかで効果が全然違う?

気功の「スワイショウ」基本の形。

【姿勢】
立った姿勢で、足を肩幅ぐらいに広げて立つ。
つま先は広げず、正面を向ける。
始める時、まず腕を持ち上げて、上がった段階で力を抜くと、フッと下に手が落ちる。
腕が重力の反動で落ちる感じ。
これを繰り返す。
肩の力を抜いて、リラックスした状態。
必ず、目は開けたまま行う事。

肝心なことはどこを起点にするか。。

肩を起点にしていると、肩から先しか流れがよくなっていないです。

顔や首、頭まですっきりするには?

①まず効果をみるために両方の手を前後にゆらします。

②次に、左手は右の首にふれて、右手だけをゆらしてみます。
③次に、左手は右の頬にふれて、右手だけをゆらしてみます。
④次に、左手を上げて肘を曲げて、右の頭にふれて、右手だけをゆらしてみます。
⑤次に、左手を上げて、右手だけをゆらしてみます。(左手の先から揺れているとイメージします。)
⑥最後に両方の手を揺らします。

効果の検証

左右の振り方の体感の違い
顔のリフトアップ
肩の高さ
足の軽さ
ヒップの高さ
などの変化を確認してみてください。

スワイショウ天からバージョンはさらにすごいことに♫

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事