我が家のダックスがヘルニアになった時

おはようございます。今日は犬の話です。

わが家のダックスのハッピーは、2013年にヘルニアでまったく歩けない、立ち上がれない状態になりました。

おかげさまで、今は元気に走り回っていますが、
当時は、ささえないと、おしっこも出来ない様子に涙がでました。

手術を勧められ、かなり迷いましたが、安静と飲み薬を選びました。

出来ること、したことは

♥撫でる事。なるべく圧は抜く。5グラム以下で。
♥腹巻などの保温。
♥糠袋を温めて、足などを温める。
♥友人達に元気なイメージを持ってもらう。
♥わらをもすがるで、気功も。。。。。
♥友人からアディオイフをプレゼントされて首にかけていました。

何が幸いしたのかわかりませんが、すこしずつ、すこしずつ良くなっていきました。

今では走り回っています。

それと動物病院は、ステロイドではない飲み薬を処方して下さいました。
なので、良くなったらすぐに薬はやめられます。
そこは、設備もあまりなく、ベテランの獣医さんが、お一人で、声をかけると降りて来はります。
他の方ともあまりお会いしません。

一方すぐにステロイドを処方される動物病院は、すごい順番待ちです。
立派な設備、ドッグラン、たくさんの先生。

私は変わってるって思います。出産も自分が生むのだから大丈夫って思って、近所で一番すいているところを選んだので。

何がいいのか?は人それぞれですね。自分の納得できる選択肢があればいいですね。

ラインでのお申込みや、お問合せはこちらからお願いします。

@fuh7681g

友だち追加

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事