マスミ先生の、「キルタンアルバム〜光〜リリースツアー2018」のオープンニングパーティ

おはようございます。昨日は日本に帰国するたびに、リンパケアの施術に来られて、そして時々ヨガにも参加してくださっているマスミ先生の、「キルタンアルバム〜光〜リリースツアー2018」のオープンニングパーティに参加。

キールタンとは、

キールタンとは、祈りの言葉をメロディーに乗せて歌う。
美しい言葉の響きと、声の波動で心身がリラックスし、浄化される。
皆で歌えば自然に楽しく、幸せな気分になり、その場にいるみんなと一体感になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

キールタンを一緒に歌ってからだを自由に動かしながら感じたこと、伝わってきたこと

体について

私の理想は、丈夫な太い木、頑丈な木ではなく、柳のようにひらひら揺れてしなやかに風をかわす。
しっかりと根を下ろす。
台風で根こそぎ倒れた木を見て、カラダがキュっとなった感じた事でもあります。。。。

しっかりと根を下ろすには、自分にぴったりと合った場所。
なんとなく居心地が悪いところではなく、ちょうど良い光、ちょうどいい風、温度など、気持ちの良い良いなぁ、好きだなあと感じる所。

建物でもコンクリートのようなしっかりとした、頑丈な建物ではなく、五重塔のようにゆらゆら揺れても崩れないような、しなやかに揺れるカラダなんだなあ。

感情

感情も怒りや悲しみなど、悪い事に捉えがちだけれど、全てオッケー
良い悪いはないんだなぁ
他人をうらやましいという気持ちも、どこがうらやましいんだろうを深く探ると、自分の本当の気持ちだったり、望みだったりがわかったり。
怒りや、悲しみもなかったかのようにするのではなく、何に傷つき、なにを大切にしたいのかがわかったり。

怒っちゃいけない、こんなこと言ったらいけないなんて、思うのは自分
闇も光もみーんなOK

使命とか、やるべき事とかそんなことを考えないで、楽しい事、嬉しい事、わーってエネルギーが高まることをしたらいいんだ。

シンプルに行こう、ココロに蓋をしないで、開こう。

楽しいの基準??

では何が好きか?楽しいのか?ってすぐにわかる人はそのままで~。なんかぐちゃぐちゃになってる時って、目安はありますか?

私の中で基準にしているのは、

①呼吸が楽なのか?
長い、深いもまずは置いといて、楽なのか苦しいのか?
②カラダが軽いのか?重いのか?
③力が出るのか、出ないのか?です。

いろんな事がシンプルでなくなってきている。過去からの習慣だったり、教育だったり、それが普通って思ってたり。

そうしなければと思っているのか?したいって思ってるのか?
めいわくをかけてはいけないって教えられてきたように思うけど、窮屈になりすぎるより、インドではお互い様、人はどうがんばっても、生まれた時から愛情なしでは生きていかない。だから人にも優しく、助ける。が自分にとって心地よい。

自分も間違える、失敗する、だから人の失敗をおおらかにとらえる。

この部分意識しないと、まだまだがまんしたり、そうしなくっちゃと思う自分もあるので、意識してちょうどいいくらい。

ますみ先生は、ことばだけではなく、からだ全部でそれを表してるからすごいわ~。
前回お伝えした『ぽーりんぐ』も紹介していただき、みんなでしました~~。

前日の小田和正さんのコンサートに引き続き、音楽の力を感じました。。音の響き、声の響き、振動が自分のカラダ、細胞全部に響いてくる。

京橋のカフェシアンさんに久しぶりにおじゃましたら~~、すんごいパワーのストーンに圧倒されて暑い暑い。オーナーのひろさんとも、ゆっくりお話できて、たくさん気づきもらえたり、ちょうどいいタイミングで、出会いや気づきがある。ほんま幸せや~。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事